読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャンプがセールに関係なしの安さ!シルベスター・スタローンクリードがとにかく安い 2017年度

自分が「クリード」まで観た後で何を得たか? 1万文字、いや100万文字あっても書き尽くせません。カミさんが病で倒れ、自分も看病と育児に追われて仕事も儘ならず、「病は治るのか?子供を育てられるのか?面倒見ながらできる内職は無いか?」と思い悩む時期がありました。何を?「5は過ちじゃない!」という事をです。

これっ!

2017年03月14日 ランキング上位商品↑

クリード チャンプ シルベスター・スタローンクリード チャンプを継ぐ男 [ シルベスター・スタローン ]

詳しくはこちら b y 楽 天

。先日 この映画を見て もう一度 見たかったので購入しました。そもそも!何の繋がりも無い別の映画ですが!根底に流れるものは同等です。 「5」は失敗作らしいから飛ばしてもいいのか? というと!そんな事はありません。 何故?もちろん「証明」する為です。新たなチャレンジャーのストーリーに!ロッキーの哀愁が絡み合い!じっくり見入る映画に仕上がっている。そんな時!子供を寝かしつける際!子守歌代わりに口ずさんでいたのが「Going the distance」や「Vigil」。この値段で買えるなんてびっくりしました。何故なら、一見ボクシング映画のように見えますが、家族や友情、師弟愛等を描いた「人生の物語」だからです。観ておくべきです。そんなに良い映画なのか? 観る価値が有るのか? というと!人によって捉え方が違うので必ずしも良いとは言い切れません。今でこそ笑って語ることができますが、「ロッキーのサントラは何度も救ってくれた。胎教の一環で聞かせていたサントラCDのおかげか!子供もスヤスヤ寝付いてくれたし!自分もまた力付けられたものです。それ以上にロッキーのDVDには助けられた!」と感謝の言葉が自然に出てくるのも「クリード」を観たおかげです。スタローン好きなので買いました。ということで「ロッキーシリーズ」お勧めです。ほんの一例を挙げるとすれば、それは子供が生まれて間もない頃の事。 間をおいて、じっくり見返したい映画である。この映画は、「アクション映画は敷居が高い・・・」とか「この手の映画はちょっと・・・」と思われる方にこそ、観ていただきたい映画です。さらに云えば、いきなり「クリード」を観るのでは無く、「ロッキー」の1作目から順に観ていくことをお勧めします。そして「FINAL」を観る前に「Over the Top」を観る事をお勧めします。ただ!ロッキー節で云うならば!「価値は関係無い!興行収入とかアカデミー賞とか!そんなモノはどうでもいい! 大事なことは!最後まで観た後で心に何が残り!何を得たかだ! 他人のレビューは気にするな!どんなに酷評されようと!何度打ちのめされようと!立ち上がって前へ進め!その先に答えがある!!」といったところです。